<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>

2009年06月30日

クレジットカードの入会審査について

クレジットカードは便利ですが、誰でもカードを作れる
わけではなく、後払いカードなので入会審査といったも
のもあります。

実際に審査に落ち、入会を断られることもあります。

ではこの審査について紹介しますね。

クレジットカードの入会審査はカード会社それぞれに独自
の基準を持っているので、ここでは一般的に審査が通りや
すい、通りにくいといったものを説明しています。

後払いカードだけに信用力が求められ、その信用力の判断
材料として、

・資力 一定の収入があり、返済する能力があるか
・性格 決められた日にしっかり返済できるか
・資産 担保としての不動産や車を持っているか

この中では資力が最重要視されます。

そして次に点数付けといったものがあります。

この点数付けというのは、申込みした情報によって、
・年齢
・会社の勤続年数
・他社からの借入や支払の状況

など色々な項目で点数をつけているようですが、詳細は
後日また紹介したいと思います。


では審査に通らない場合はどのような原因があるのでしょ
うか?

@点数付けで基準点に達しない
重要視されているのが年収、勤続年数、住居年数と言われ
ていて、それぞれの項目に最低ラインが設けられていて、
その中の1つでも最低ラインを割ってしまうと審査に通ら
ない可能性が高いと言われています。

A支払遅延、延滞、多重債務
審査の判断材料にしているのが、個人情報から信用情報で
他社からの借金、過去に支払の遅延などによって審査に通
らない可能性もあります。

B未記入の欄が多く、雑である
記入欄の誤字脱字、電話番号の間違いや、記入漏れなど、
正確、丁寧に記入するように心掛けましょう。

こういったもので性格もみられています。



posted by クレジットカード選定人 at 09:09| クレジットカードの入会審査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

クレジットカードの選び方のポイント

クレジットカードを作ろうと思っているけど、種類が
多すぎて、どういったものを選べば良いのかのポイント
を紹介したいと思います。

まずは年会費についてですが、最初は年会費無料のもの
を選んでおいた方が良いかと思います。

クレジットカードを作って、結局は全然使っていない、
それで年会費をとられるようならやってられません。
年会費無料のものを選んでおきたいところです。

中には永久年会費無料というものもあるので、持って
いるだけで、使わないのであればお金はかかりません。

基本的には年会費無料のものを選びましょう。


次のクレジットカードの選び方のチェックしたいポイ
ントは特典があるかどうかです。

カードによって買い物の際の割引、独自のサービスと
いったものがあります。

今では電子マネー機能搭載したものがあるので、電子
マネーを利用している、またはこれから利用したい人
にはこういった電子マネー機能搭載されているものを
おススメします。


クレジットカードの利用することによって、ポイント
がたまり、キャッシュバック、プレゼントといったもの
と交換できます。

楽天カードというものがあるのですが、クレジットカード
でのポイントが楽天ポイントになります。

私も楽天をよく利用していて、商品が豊富なのが魅力で、
貯まったポイントでゲームソフトなどに交換しています。

楽天で買い物をすると楽天ポイントが、基本100円につき
1ポイントもらえます。

ちなみに楽天カードを作ると、それだけで楽天ポイントが
もらえます。


旅行に行く人はJAL、ANAといった航空会社と提携している
カードもありますので、マイルを貯め旅行費を浮かせたい
人にオススメです。


最近は光熱費、食料品、ネットショッピングなど、クレ
ジットカード払いにできるので結構ポイントが貯まります。


ポイントを有効に貯めて利用したいのであれば、クレジット
カードの会社を絞って、集中的に貯めるのがいいですよ。


posted by クレジットカード選定人 at 18:38| クレジットカードの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

VISA、MasterCard、JCBカードの違い

クレジットカードを作る際によく聞くブランド
の「VISA」「MasterCard」「JCB」ですが、どの
ような違いがあるのでしょうか。

ではこの違いについて説明していきますね。

○VISA
visa.jpg
世界的に加盟店が一番多いともいわれ、Master
Cardと並ぶ2大ブランドです。

世界各国にある金融機関がVISAインターナショナル
と提携しカードを発行していることもあり、カード
によって発行会社が違います。

カードは1枚で事足りるという人や、海外旅行に行く
といったVISAをおススメします。

○MasterCard
master.jpg
マスターカードはヨーロッパで強いともいわれている
カードで、前者のVISAと並ぶ2大ブランドの1つです。

加盟店を比べるとVISAとあまり大差はないようで、
ヨーロッパ方面での利用する機会があったらMasterCard
をおススメします。

ちなみにVISA、MasterCardは決済のみを行っており、
カード発行業務は行っていません。

例えば三井住友VISAカードがありますが、三井住友UFJ
とVISAが提携をしてこういう名前であって、三井住友が
カード発行業務を行っています。



○JCB
jcb.jpg
JCBは海外ではなく日本のクレジットの会社になります。
国内での加盟店が最も多く、知名度もある反面、海外での
利用はできない、対応してない所が多いです。主要都市で
はほぼ使えるようです。海外には不向きといわれています。

JCBプラザというものが外国主要都市にあって、カードを
見せると日本語を話せるスタッフが旅行の相談を無料で
してくれるサービスがあります。

ちなみにアジアの韓国や台湾、タイ、マレーシアなどといった
国ではVISA、MasterCardと同じぐらい加盟店があるので安心かも
しれません。


ラベル:visa MasterCard JCB
posted by クレジットカード選定人 at 09:52| VISA、MasterCard、JCBの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。